手に現れる精神活動(情・知・意)

024

 

一般に心は「知・情・意」の三つに分けて捉えられているようです。
つまり、知性、感情、意欲という精神活動が心であると考えられています。
心と脳の関係は、はっきりしていないことが多いため、実際の行動から「心」を判断するというのが現状のようです。

HASTA手相学研究所では、この「知・情・意」は手に現れていると考えています。

情:感情線(Heart Line)

喜怒哀楽、不安、心配、恐れ等の基本的な感情のこと。
このような心の最も基本的な働きは、「感情線」を見ると知る事ができます。
「感情線」は、心の有り様とそれをどのように表現するか、どの程度表に出すかを見る線。
線の状態を見ると、表に出していない心の中の状態を垣間みる事ができます。
対社会性を司る線で、社交性や協調性などを知る事ができます。
英語で言うと「Heart Line 」
まさに、人の心模様を見える形で表してくれている線です。


知:知能線 (Head Line)

目や耳、触感、嗅覚などで捉えた情報を理解し、分析する力。
それらの情報を記憶する力。集中力。意志。
また、物事を捉え、判断し決断する力を司るのが「知」です。
手のひらの真ん中を横切る「知能線」がその働きを表しています。
「知能線」あるいは「頭脳線」と言われていますが、英語表記は「Head Line」
人の頭=脳構造、思考パターンを教えてくれる線です。


意:運命線 (Fate Line)

物事に挑む意欲、強い意志、目的意識など、行動の方向指示器の役割を担うのが「意」の力。
手首の方から中指の付根に向かう「運命線」は、目的意識と目的に向かって突き進んでいく精神力の強さを教えてくれます。
「運命線」は英語で「Fate Line」– 運命の線
人生のゴールに向かって進む意欲を与えてくれるのが運命線で、最も人の意志を反映するため、一番変化が多い線です。

 

これら3つの精神活動(情・知・意)から人は行動すると考えられています。


行動:生命線 (Life Line)

行動に関する情報を与えてくれるのが「生命線」です。
「生命線」というと寿命や健康状態を見る線と認識されている方が多いのですが、英語では「Life Line」
「Life」とは、「命、生活、人生」という意味があります。
「生命線」は、行動力や根性の度合いを示している線で、どのように行動し生活を営んでいけば健全な人生を送る事ができるのか、「命」を育む方法のヒントとなる線なのです。

行動:4本の指

4本の指の状態は、どのように行動しているのか、現在の行動パターンを知る大きな情報です。

  • 指の太さ
  • 節の状態
  • 指と指の間隔の広さ
  • 指先の傾き
  • 指先の形
  • 指の反り具合  など

 

指の状態と手相を見比べ、分析していく事で、行動と心の関係を紐解く事ができるのです。