困った行動,  手を読む技術

親子の価値観の違いは手を見ればわかる

baby-1151351_640
子どもは親の分身ではありません

親と子、兄弟でも、手の大きさや形、感触などの特徴、手相が違えば、個性そのものが違っています。
血族関係がある場合は、遺伝もありますが、手が違っていれば、たとえ親子・兄弟・双子であっても性格や個性が違います。

特に手相は、人の判断基準や価値観、行動基準などを知る大きなヒントとなります。

これらの手の特徴の違いから分かる事は、
お母さん・お父さんの「普通」は、お子さんの「普通」ではない
という事です。

明日の朝、早起きしなければならないのだったら「明日の準備をして早く寝る」
これが当たり前ではないお子さんもいます。

親子手相カウンセリング例

「このくらい少し頑張ればできると思うんだけど」と、お母様が言いました。
「うちの子、根性が無くて・・・」

いいえ、お子さんが根性がないのではなくて、お母様に底力があり過ぎなのです(笑)
お母様は、人並み以上の太さの運命線をお持ちでした。

「言っても言っても、人の言う事を聞かない」
「普通は○○するのに、どうしてできないの?」

親御さんのジレンマの原因は、根本的な個性〜価値観〜の違いがあるかもしれません。
行動を促す心は、手相が違えばみな違います。